家庭教師のアルバイトを探す

アルバイトの人材確保が難しい

首都圏や大都市圏でアルバイトを集めることが非常に難しい状態となっています。地方や田舎では働き手と仕事の需要と供給のバランスが首都圏や大都市圏とは異なるのでバイトの時給がそこまで高くなくてもバイトは集まっている状況です。けれど、首都圏や大都市圏では図式が決して嵌ることはない様子です。今まではコンビニなど比較的県や町が決めた最低賃金に近いバイトの時間給でバイトを募集していた会社などの時間給が、基本的には首都圏や大都市圏では1000円を超えている状況です。深夜勤務になればさらに20パーセントから50パーセント時間給が上乗せされている状況です。

このように首都圏や大都市圏ではバイトの時間給を競合店よりも上げないと人材が集まらない状況となっています。売り上げが鰻登りで利益が過去最高というぐらい儲かっている会社ならいくらでも時給を上げることは出来ますが、現状では過去に最高益を出していたハンバーガーショップや衣料チェーン店が売り上げを落としているように非常に景気動向は下降線を辿っている厳しい景気状況です。このような状況下ではバイトの時給をやみくもに上げることは出来ません。そうなるとアルバイトの人材を確保するのが非常に難しくなります。利益とバイトの時給との兼ね合いと人材確保はどの会社も頭を悩ませる問題となっています。